フケの原因と対策.net » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


フケの対策方法いろいろ

フケの対策というと清潔にすることが一番だと考える人が多いです。もちろんそれも重要なのですが、意外と見落とされがちなのがドライヤーでの乾燥です。

というのも、生乾きのまま放っておくと頭皮がダメージを受けたり、カビが原因となる皮膚炎が起こっている場合にはさらにカビを繁殖させる要因になってしまうからです。

とはいえ、乾燥させすぎても原因になるので、難しいところです。また、洗髪の際には髪の毛を洗う事より頭皮を洗う事を意識することも大切です。

ドライヤーで乾かす場合にも同じことが言え、毛先からかけるのではなく、地肌からかけるほうが乾きも良いそうです。

とはいえ、この対策も数ある対策方法のうちのひとつに過ぎません。皆さん気付かない方が多いのですが、フケは実はその原因と対策法に多様な種類がある病なのです。

大きく分けると乾燥タイプと脂性タイプの二種類ですが、脂性タイプはさらに、体の内的要因に問題がある場合と、カビなどの外的要因が問題になっている場合があります。

特に、カビが原因となっているものを脂漏性皮膚炎と呼んだりもしますが、この場合必要なのはカビを繁殖させない環境と薬です。自力での対策は難しいので、脂漏性が疑われる場合には病院にいって診断を受け、薬をもらうようにしましょう。

とはいえ、乾いた感じの白いものが落ちてくるから必ずしも乾燥性というわけではありません。確かにそういった傾向はあるのですが、脂漏性皮膚炎でも落ちてくるのが乾いた感じのものであることはありますから、かゆみが耐えられないというような酷い症状でなくとも、悩むほどの症状がある場合にはまず病院できちんと診断してもらいましょう。

乾燥したフケが落ちてくるから、保湿のためにと馬油を使ったが、実はカビが原因の皮膚炎だったためにかえって悪化してしまったという話も聞きます。

皮膚炎でなかったとしても、脂性タイプか乾燥タイプかで対策方法は変わってきますので、自分の症状の原因をしっかりと把握することが重要です。