フケの原因と対策.net » 運動所要量について

運動所要量について

運動は身体を造るための重要な要素の一つです。身体を鍛えることで代謝機能をアップさせたり血中のコレステロールを減少させたりと色々な効果が期待でき、健康的な生活を送ることが出来るようになります。

健康的な生活を送るために運動を始めようと思っている方は実際に運動を始める前に自分に合った運動の仕方を考えて見てはいかがでしょうか。

一般的に健康な体を作るのに一番効果的とされている運動法が有酸素運動と呼ばれるものです。有酸素運動は空気を取り込みながら行う運動で、ウォーキングや水泳、ストレッチなどといった運動がこれに当たります。

こうしたウォーキングやストレッチは通勤やお買い物、ちょっとした休憩時間などに簡単に行うことが出来るため比較的生活の中に組み込みやすい運動です。

そうした普段の生活の合間に入れる運動はその分少な目の運動量になってしまいますが、決して身体に与える影響はゼロにはならないので、毎日継続して行っていくことが出来れば健康的な身体を作る分の働きは十分にこなしてくれます。

また最近では「超集中インターバルトレーニング」という少し変わったトレーニング法がカナダで考案されました。

考案した研究班によると人間が健康でスリムな体を維持するために必要な最低限の運動をこのトレーニングで行うことが出来るそうです。

その手順はまず始めに自分の限界まで体を動かしてその時の心拍数を計測します。その数値を参考にして自分の限界心拍数の9割くらいまで出るような運動を1分行って1分休んでを10回繰り返すという運動を週に2回行うと確実にやせることが出来るそうです。

この大学の実験では自転車漕ぎによってこのトレーニングを行ったそうで、実験に参加したボランティアは数週間この運動を行って体のラインや健康状態が見違えるほど改善したそうです。

毎日継続して運動するよりも一気に運動したほうが性に合っているという方や軽い運動では物足りないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。