フケの原因と対策.net » 手術について

手術について

腰部脊柱管狭窄症の手術をする際は、必ず専門医の説明をよく聴き、患者自身がよく納得した上で、治療を受けることが重要です。

その際に、ぜひ医師としっかり話をしていただきたいのが、術後の回復度についてです。

腰や下肢の軽度の痛みや筋力低下は、比較的治りやすいものと言われていますが、一方で、痺れについては、術後も脊柱管狭窄症の症状が残ってしまうケースがあります。

中には、術後しばらくして脊柱管狭窄症の痛みが再発してしまったケースも数多く報告されています。

このように、手術をしたからといって、誰もが脊柱管狭窄症の全ての症状がすっかり解決するわけではないということを、十分に理解した上で治療を受けることが重要です。

しかしながら、運動療法で痛みや痺れが改善されたと数多くの方が言います。その方法とは中川式腰痛治療法です。

今までに30年間で50万人以上の腰部脊柱管狭窄症患者がこの運動療法で、痛みや痺れを改善したそうです。

確かな実績もあり、この療法を世に出した、中川卓爾先生も確かな方です。ぜひ一度、手術をする前に、試されてはいかがでしょうか?

この方法で脊柱管狭窄症の痛みが軽減されれば、よりイキイキと活動的に生活改善されることが期待できるのではないでしょうか。

むやみに手術を畏れたり、自己判断で放置せずに、早めに適切な治療を選ぶことが第一です。