フケの原因と対策.net » 精神的ストレスとの悪循環

精神的ストレスとの悪循環

頚椎ヘルニアを患うと、急性期から慢性期にかけて、リハビリ期間に入るまでの間は出来るだけ絶対安静を心がけるようにしなくてはいけなく、満足に動くことが出来ない上寝返りも痛みのせいで満足に打てないとなると、次第に蓄積していくのが精神的なストレスです。

自分の思う通りに動けない現状や頚椎ヘルニアの痛みからくるもどかしさに自ずと苛立ちや焦りなどの気持ちが強く表れるようになり、リハビリ期間になってもなかなか以前のように行動することが出来ないためどうしても精神的に不調になりがちです。

頚椎ヘルニアがなかなか完治できないもどかしさと思い込みから、頚椎ヘルニアは完治に向かっていたはずなのに頚椎ヘルニアの初期症状のような痛みを引き起こすことがあり、激しい吐き気や頭痛、めまいなどの症状が続くことがあります。

このような状態が続くと精神的にふさぎ込む傾向が出てくるので、悪循環になってしまい完治までの時間が延びてしまいます。

なので、医療施設によっては担当医や専門医が定期的にカウンセリングのような健診を行い心のケアを図り、リハビリの中でも気分転換になるような施術を勧めてくれます。

精神的ストレスが原因で発症する症状は基本的に精神が回復することで自ずと発生しなくなり元の状態に戻りますが、ストレスが蓄積した期間が長く続き精神面が引き金となった症状を繰り返している内にいつの間にか症状が治りにくくなり、癖のようになってしまうこともあります。

このように頚椎ヘルニアや他の疾患でもそうですが、治療に時間がかかるものの場合には精神的・身体的ストレスが同時に溜まりやすく、時として症状として表れることもあるので治療中は自分自身のメンタルケアなども必要と言えます。

比較的軽度の場合は自分で立て直すことも可能ですが、自分ではどうにも出来なくなるとカウンセリングなどが必要になることもあります。

頚椎ヘルニアに牽引はお勧めできません