フケの原因と対策.net » スポーツとの関係性

スポーツとの関係性

変形性膝関節症といえば、その主な原因としては、老化現象による膝関節の磨耗であると言われますが、二次性の場合や外傷性の場合として多いのが、スポーツ障害としての発症です。

つまり多くの場合、変形性膝関節症は加齢を原因として発生しますが、加齢以外の要因でも変形性膝関節症は発生することがあるということになります。

前十字靭帯損傷、または内側半月板損傷などの診断、そして適切な治療が完了していないケースでは、多くのアスリートが名医に診断を受けているそうです。

特に、激しい運動をした後で水が多くたまり、また長時間の運動をした後は関節に痛みが起こります。また階段を下る際にも痛みが出たり、起立するだけでも痛むという場合は半月板の損傷の検査も必要です。

スポーツ整形外科という診療科がありますが、スポーツによる怪我や筋肉の使いすぎなど、変形性膝関節症だけでなく幅広い症状を扱います。

またこの整形外科では、アスリートができるだけ早期にトレーニングやゲームに復帰できるようにケアをします。またそれ以外の方も治療を受けることで、より早期の社会復帰を実現することができます。

変形性膝関節症に対する治療は、まず薬剤療法や装具療法、ブロック療法などの保存療法を試みながら、次第にトレーニングのチャンスを増やして筋肉や膝をそれ以上悪化させないようにしますが、スポーツ整形外科ではこのことに加え、すでに鍛えられてある筋肉の退行を防ぎ、また種目ごとの本人のフォームの矯正なども治療中に行っておくことができるところもあります。

フォームを矯正して、より膝に負担のかからないようにすることができます。スポーツでの膝への負担は通常の方の何倍も高くなります。

特に走ったりボールを蹴ったりすると、軟骨の磨耗も早く進みますので、できるだけ毎日治療やリハビリを継続させてこれらの動作に耐えられる膝を作らなければなりませんが、若い方は回復が早くても、中年以降になるとなかなか復帰も簡単にとはいかなくなります。