フケの原因と対策.net » マッサージで改善する

マッサージで改善する

腰の激痛や脚の痺れにより日常生活を起こるのが困難になってしまう椎間板ヘルニア。これを治るには外科手術をするしかないと考えている方はかなり多いのではないでしょうか。

実際少し前までは椎間板ヘルニアと診断されたら即手術という時代は確かにありました。しかしその後の研究で外科手術して症状が改善した場合は再発しやすいといったデータが出たり、手術以外の方法が確立されてきたことで現在ではおよそ8割が外科手術を行わずに改善できるようになりました。

そうした手術以外の治療法で特に薦められているのが保存療法です。保存治療は自分の自然治癒力を高めることでヘルニアを治療するというやり方で、そうした回復の手助けとしてマッサージがよく用いられています。

肩や腰が痛くなったらよく行われるものですが、椎間板ヘルニア患者の場合は下手に素人がやってしまうと損傷した椎間板にさらに負荷を与えることになりかねませんので、してもらう場合はちゃんとした知識を持った専門家にお願いしましょう。

専門家によるマッサージは傷ついた椎間板を巧みに避けつつ神経への刺激による激しい痛みで長らく緊張状態に置かれた筋肉のコリをほぐして血行を良くして痛みを和らげていきます。

しかしこの方法はあくまで痛みに対する対症治療としての効果しか発揮できないので、根本治療には安静治療などの別のやり方が必要になります。

医師などの専門家に相談して自身の容態に合わせた治療メニューを組み立ててもらってもらうと独自の判断で治すよりも遥かに効率的で再発の危険が少ない方法を実践できます。

腰に痛みが走ったら自分の判断だけで行動せずにまずは医師に相談するように心がけることが早期治療に一番大切です。