フケの原因と対策.net » 接骨院について

接骨院について

「整骨院」、「接骨院」、「整体院」、などなど、似たような名前が並んでいますが、これらの違いというのは、どのような点があるのでしょうか。ここでは、「接骨院」についての説明を行なって行きたいと思います。

「接骨院」というのは、「柔道整復師」という、「柔道整復を業務として行うことができる国家資格を持つ者」が柔道整復術を行う施術所のことを指します。

ちなみに、柔道整復術は、「柔術に含まれている活法と呼ばれる技術の応用によって、骨や関節、筋、腱、靭帯などが原因となって発生する骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などといった損傷に対して手術ではなく、非観血的療法という独特の手技によって整復や固定を行うことで、人間が持っている自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術」です。

これは、日本で培われてきた、独自の治療技術です。また、接骨院での治療に当たる「柔道整復師」が、国家資格であると述べましたが、柔道整復師は医師ではありません。

そのため、柔道整復師が接骨院で行えるのは「医業類似行為」であり、医療を行うことは出来ません。そのため、接骨院ではマッサージや骨盤矯正、緊急でない場合の骨折や脱臼の処置、などといった症状に対する処置において、柔道整復師の判断で健康保険を適用することは出来ません。

もしそれを行った場合には、法律違反となってしまう可能性があります。しかし、逆を言えば、医師の診断書などがあり、なおかつ健康保険の適用範囲にある症状については、その限りではありません。必ずしも、接骨院において健康保険が使えないというわけではありません。

もし接骨院に通うとなって、保険を使いたいということになったら、まずは接骨院の柔道整復師に相談しましょう。万が一、適用範囲外での健康保険の申請を行わないためにも、注意すべき点だといえるでしょう。