フケの原因と対策.net » 様々なリハビリ方法

様々なリハビリ方法

腰椎すべり症には保存療法や外科的療法などの様々な治療方法がありますが、すべり症でも痛みがそれほど無く、また安静にしたり湿布をしてもなかなかすべり症が改善しない、というケースでは整形外科でリハビリを受けることが多いでしょう。

すべり症の一般的なリハビリ方法としましては、上半身を固定した状態での牽引療法や低周波治療(電気マッサージ)等があります。

また、ほぼ自宅でもできるようなものとして、バランスボールを使って腰や太ももの筋肉を鍛える運動もすることがあります。

いずれも理学療法の専門の方にメニューしてもらい進めますので安心できます。また、牽引療法の場合は痛みの症状が増す、という方もいらっしゃいますので、よくチェックしてもらってから行ったほうがいいようです。

またすべり症のリハビリをする上でもう1つ付け加えておかなければならないことは、メニューを消化する上で痛みがあり、また我慢できない、とか、改善しているどころかひどくなりそうな感じがもする、などの場合には医師にすぐに告げるべきであるということです。

すべり症は人によって痛みの症状が違い、その点ではリハビリをメニューする側でも至らない点もありえる、ということをよく知っておけば安心でしょう。

また広い意味でのリハビリにはもちろん自主的に行う運動や、整体療法などもあると思います。入院中にはしていたのに退院してからはしなくなった、などのケースではすべり症の改善が遅くなりますので、勧められたメニューであればもちろん毎日の日課にすべきでしょう。

カイロプラクテイックなどの整体療法は患部を自然に戻す、という効果は望むことはできませんが、その周囲の状態を目覚しく復帰させながら全体のバランスを整えることによってすべり症の改善に徐々にいい結果が来ることが期待できます。

腰痛はこのように長くつきあっていくものだ、ということを踏まえて治療していくことが最も大事です。

退院後に姿勢が悪いほうに戻ってしまう、などのことも無いように、できれば定期的に医師にチェックしてもらうなども効果があるでしょう。