フケの原因と対策.net » 予防について

予防について

椎間板ヘルニアをどのように予防すべきか、腰痛になりやすい方であれば常に気になってくることです。一般に椎間板ヘルニアの予防でもっとも大切と言われているのが、姿勢を正すことです。

特に前かがみになったり直立を長時間維持するようなことを続けていると、腰に大きな負担がかかって椎間板ヘルニアになりやすくなってしまいます。

また、仕事などでどうしてもこのような姿勢を取らざるを得ない場合は合間を見て少しストレッチなどをすることで大分、椎間板ヘルニアは解消されてきます。

姿勢の維持でも筋肉の緊張から筋肉は痛みますが、激しいスポーツや肉体労働をして筋肉を酷使することでも、椎間板ヘルニアは起こりやすくなります。

特に急激な動作をさけ、運動をする前には準備体操を効果的にすることが大切です。これとは逆に、運動不足や高齢化による筋肉の衰えも腰にかかる負担が大きくなり、椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

筋力アップはそれほど集中してする必要はなく、何も器具などがなくても充分に可能ですので、日常生活の中に取り入れてできるだけ継続させることが大切です。

栄養不足の解消も大切です。若いうちからカルシウムを充分にとらないと、骨粗しょう症になったり、軽度の事故でも骨折をしたりします。また、内蔵の病気が腰痛の引き金になる例も多くありますので、病気のケアをする場合には特に腰のケアもするようにすべきです。

ビタミンB1には筋肉の疲れをやわらげる働きがありますので、椎間板ヘルニアの治療としてもとても効果があります。また、ビタミンEには、血行をよくし、筋肉の緊張を緩和させる働きがあります。

痛みをやわらげるのにも効果があります。腰痛になったら進んでサプリなどでこれらの栄養素を吸収すれば、痛みの回復も早くなり、痛みを大きくしないようにすることができます。

椎間板ヘルニアにならないようにすること、また腰痛を解消してそれ以上の病気に進行しないようにするのは、簡単なことではありません。特に現代人にとっては、日々のケアの継続が大切になってきます。