フケの原因と対策.net » 工事期間について

リノベーション

工事期間について

リノベーション期間については、新築と違って様々な問題が起こります。

浴室やトイレ、キッチンなど水回りのリノベーションは、「浴室だけだったら、割合簡単に仕上がるだろう」と考えがちですが、実はそうではないのです。

水道、左官、タイル、電気、ガス、サッシと色々な業種の職人が工加わり、半日から一日単位で職人の予定を組んでも10日はかかる計算です。誰かが間違いを起こしたりすると大変です。

仮に左官業者が1日目に入る予定を組めば、水道の配管工事は、翌日に予定を組みます。

この水道業者がキャンセルになった場合など、予定はメチヤメチャです。別の職人を急に呼んでも、腕の良い職人は予定が一杯ですから、リノベーションの続きは翌週です。

またそうなると、左官業者が一週間後に空いているとは限りません。リノベーション期間は、予定より長くかかると最初から思っておきましょう。

屋根瓦の貼り替えでも、下地にコケや汚れが多い場合は、日数がかかります。こんな場合は、最初に考えていたリノベーション日数と予算が多少オーバーしても、汚れを完全に落してから下地と塗料を塗った方が、塗装が長持ちします。

他にも、リノベーションでは解体してから、追加で補強の問題が出てくることもあり、どうしても新築工事より時間がかかります。

近隣に挨拶をするときも工期は長めに言っておくことです。リノベーション工事が長引けば、それだけ近隣にもご迷惑がかかるからです。

リノベーション工事の音ですが、私の場合は、従来のベランダの撤去とブロック塀の撤去の日が相当な音でご迷惑をおかけしました。いずれも数日間、轟音で悩まされたことだと思います。

事前に分かっていれば一言、挨拶の時に付け加えていた方がいいと思います。