フケの原因と対策.net » PELDという技術

PELDという技術

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な低侵襲手術法に、PELDがあります。一般にPLDD(レーザー)の場合は軽度の腰椎椎間板ヘルニアだけに有効であるという特徴がありますが、PELDを使用すれば大きなヘルニアにも有効です。PELDでは内視鏡画像を用います。

また、レーザーやラジオ波などを使用して椎間板ヘルニアを消失させることができ、PLDDと同様に出血がほぼありません。

従来型の腰椎椎間板ヘルニアの摘出は、切開を伴い、出血もあるため、1週間以上の入院を要しましたが、PELDでは10mm以下の小さな切開のため、早ければ1日の入院で済みます。またPLDDでは現状健康保険が適用できませんが、PELDは適用されているところが多くあります。

PELDの利点はこのように素晴らしいものばかりですが、もちろん危険が全く無いというわけではありません。局所麻酔薬に対するアレルギー症状が出たり、胸部、鼠径部の皮膚損傷、外側大腿皮神経麻痺などの危険性もあります。

また、手術をすることによって、硬膜損傷や髄液漏、神経損傷、血腫などが起きる確率もゼロとは言えません。

また、椎間板ヘルニアの手術をしていて、ヘルニアが神経と強く癒着していて除圧が不十分になるケースでは、出血が多すぎたり、硬膜や神経にダメージを与える危険性もあることから、従来法の手術に切り替える場合もあります。これらは処置をする側で充分に気をつけていた場合でも起こる可能性があります。

術後はすぐにでも歩行練習が可能です。コルセットは約2週間を目安として装着しなくてもよくなりますが、スポーツや重労働などへの復帰は一ヶ月程度と考えられます。

この方法は、あくまでも椎間板ヘルニアを切除するだけ、というのが正しい認識です。これはどの手術法をしても言えることです。

術後に無理を再開することは禁物です。できれば腰痛体操や筋肉トレーニング等のリハビリを継続させながら、姿勢を正していき、椎間板ヘルニア再発の防止に心がけることが大切です。

椎間板ヘルニアの治療として効果のあるものをご紹介