フケの原因と対策.net » パソコンとの関係性

パソコンとの関係性

腰痛といえばパソコン、またパソコンといえば腰痛、というぐらいにベストマッチング、とはよく言います。

これだけ普及する以前にもデスクワークをされる方の腰痛は多かったのですが、ペンとノートの組み合わせ以上に腰痛になる確率が高く、まずその集積したデータ量を情報として脳に取り込む加速度もありますし、キーボードやマウス操作などの利便性によってますます姿勢を変えることが少なくなったことも大きな要因です。

オフィスではパソコンは机上で操作しますが、今ではどこのオフィスに行っても1人に1台、という組み合わせ、つまり高い費用をかけて始終使用しています。

ITエンジニアの方であれば机の上に2、3台を置いていたりするケースもよく見かけますが、ノートパソコンやデスクトップなど、それぞれに最適な姿勢があるにも関わらず始終悪い姿勢で操作しているシーンも多く、またほとんどの方は腰になんらかの違和感以上のものを感じています。

現状、パソコンはこれだけ発達したにも関わらずに健康にとってよくないと言えますが、やはりある程度よい姿勢を維持するために努力することも大切です。

背筋を伸ばす、キーボードやマウス、そしてディスプレイとの距離を最適なものにする、時折疲れたらデスクから離れてストレッチをする、などの基本的なことが大切です。

最近は多くの会社でリラクゼーションや健康力アップのために体操の時間を設けていると聞きます。例えば3時はおやつの時間と体操の時間をミックスさせる、冬場は仕事にかかる前に朝体操をする、など、1工夫すればかなり腰痛にも効果的です。

また、このような事例に関連した腰痛グッズなども多数販売されています。ディスプレイには電磁波よけのカバー、キーボードやマウスなどもスタンダードな形ではなくもっと打ちやすいタイプが多く存在しています。

オフィスでも1人だけ使用しているのは違和感があるかもしれませんが、やはり仕事のためと思えば何ら気にすることはありません。