フケの原因と対策.net » 治療に関する痛み

治療に関する痛み

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアといったものから来る腰痛ですが、このような場合よほど重症では無い限り保存療法が勧められます。保存療法は手術ではないので身体への負担が軽いからです。

保存療法は様々な手法を駆使して症状の緩和や改善を目的として進められます。

具体的には身体への負荷を最小限に抑える安静療法やコルセットなどを利用した装具用法、鎮痛剤や消炎剤を用いた薬物療法やリハビリを取り入れた運動療法などがあります。

しかし、やはり痛みが辛くその痛みをすぐにでも取り除きたいとした時には、腰痛のブロック注射を使用した治療法が有効です。

痛みをその伝導体となっている神経に局所麻酔薬を作用させることで、痛みを抑制・抑止します。神経ブロック注射自体には対象とする病気によって様々な種類があるのですが、腰痛に際に使用される一般的なものは硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射、そして椎間板内ステロイド注射です。

どれも即効性と高い鎮痛効果が期待できます。しかし、良く耳にするのがこの神経ブロック注射自体がとても痛いという話ですよね。

確かに神経ブロック注射自体は通常の注射よりも痛いとは思います。特に痛みを感じるのは所定の位置までブロック針を刺入された後の薬液の注入の時です。薬液が注入されるにつれ痛みが増して行くように感じます。ただ、それほど心配することはありません。

実際に治療を受けた人は大抵想像よりも痛くなかったと言います。それもそのはず、現在では治療法も随分と改良され、神経ブロック注射に使用されるブロック針は針径がとても細く、特殊なコーティングがなされています。さらに施術前にはきちんと麻酔を作用させます。

普段苦しまされている腰痛の痛さもあるため相対的に注射の痛みもそれほど激しいものでは無いです。過度な心配は全くする必要はありません。