フケの原因と対策.net » 眩暈の原因と改善法

眩暈の原因と改善法

眩暈がひどくなると、それと同時に手足が痺れてきたり、頭痛や肩凝りなど健康面の不調が頻発しがちになります。また、集中力も質が悪くなり、普段の生活にも影響が出てきます。

原因とは何か、突然襲われても原因がはっきりしないのは一番困ります。しかし、このような症状には顕著な原因があるものです。例えば、睡眠不足などはとても多い理由の1つです。睡眠が足りない状態が続いても、眠いのに無理に家事や仕事をすると、頻度がアップしてきます。

眩暈は脳になんらかの異変が起きていると考えられます。ですので脳をできるだけ休ませ健康な状態にすることも大切です。また貧血が原因となっていることも考えられます。出産後などは特に血液中の鉄分が不足しがちですので、ほうれん草やチーズ、小魚などをよく摂取すると回復が早くなります。

眩暈がした時に、それ以外にも健康に異変がある場合、例えば、脈拍が速い、食欲まで無くなる、などの場合は病院で診察を受けることが必要です。

神経の病気や甲状腺機能亢進などの病気の可能性もあります。問診を受けてしっかりと健康状況を伝え、その後医師とよく相談し、最適な治療法を見つける努力が必要です。

緊張状態が続いていると、脳は興奮状態になりやすく、また興奮が持続してくると、健康を損なう様々な症状が出ます。ですので、気分転換をすると眩暈が落ち着く場合は多くあります。その他、耳の疾患の例も多くあります。

内耳の前庭と呼ばれる場所にある、耳石がはがれてしまうと、バランスを保つための器官である三半規管に入り込んでしまって眩暈が起こります。またもっと危険なのは脳の健康が損なわれることです。脳梗塞や脳内出血などによっても、脳内で充分な血液の循環が起こらず、眩暈として現れます。

また、場合によっては手術をするケースもあります。特に健康に大きな支障をきたしてしまうほどでは、その原因となる神経を取り除かなければならないと判断され、手術、または耳からの注射などで処置をします。