フケの原因と対策.net » 頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアの治療

頚椎ヘルニアにの治療にはいくつかあります。手術、ブロック注射、投薬、リハビリ等がありますが、まず頚椎ヘルニアの痛みが出た場合は様子を見ることも兼ねて安静にすることが第一です。

軽い痛みであれば、安静にしていると治まる場合もあるそうです。痛みがある場合やしびれがある場合は、無理に首を回したり、運動をすることは控えたほうがいいようです。

飛び出て神経を圧迫している髄核が、首を動かすことにより余計神経を圧迫することになりますので、気をつけないといけません。

頚椎ヘルニアの治療方法として投薬治療がありますが、副作用もありますので長期の使用は控えたほうがいいです。私も痛みが発生したときは、市販の痛み止めを服用しましたが、あまり効きませんでした。

薬に弱い方は漢方薬もありますので、医師に相談しながら自分にあったものを処方してもらいましょう。頚椎ヘルニアのリハビリでは牽引が有効とされていますが、牽引の際痛みがあれば医師や作業療法士の方に相談しながら行うようにしましょう。

また、頚椎ヘルニアの治療には温熱療法や低周波療法もリハビリに組まれていますが、これらは自宅でもできる方法です。

温熱療法では、温泉がとてもいいそうです。温泉が近くにない場合は、自宅のお風呂にじっくり肩まで使って温めることです。

また、電子レンジで温められるゼリー状の湯たんぽ等を使用するのも効果的ではないかと思います。低周波は、家庭用の意外とお手軽価格の低周波治療器が市販されていますので、利用するのもいいのではないでしょうか。

投薬や温熱療法などでも効果が得られなければ、やはりブロック注射か手術ということになるでしょう。手術は切開手術とレーザー手術とがありますが、切開手術となると入院が必要になり手術費もかかります。

レーザー手術ですと、施術時間も数十分という短時間で終わり、日帰りでOKという気軽さで行なえますし、切開すると感染症などの心配がありますがレーザー治療はその心配がありません。ブロック注射も通院で行なえる場合もあるので、手術をするほどではない場合は一番いい方法かもしれません。