フケの原因と対策.net » 発生する原因

発生について

この病にはいくつかの種類がありますが、その種類によって発生方法は異なります。フケは具体的にどのようなメカニズムで起こるのでしょうか

頭皮は皮脂膜、角質層、表皮というふうに分かれています。本来は皮脂層が紫外線や乾燥からある程度守ってくれているのですが、このバランスが崩れて皮脂が増えすぎると皮脂が落ちたりする脂性の症状に、減りすぎると角質がぼろぼろとはがれやすい乾燥性の症状になります。

このように頭皮のバランスが崩れるのはストレスなどの精神性のものや、一時的な体調不良などが要因で起こることもあります。

また、かゆみなどの症状が発生してしまうような頭皮の状態は、その他の刺激にも非常に弱くなっていることが多いです。ちょっとしたことで皮膚炎などを発症させてしまうこともあります。

乾燥した頭皮は症状を発生させるだけでなく、かゆみや抜け毛などのトラブルまで発生させてしまうこともあるので要注意です。

乾燥が起こる主な要因としては、洗髪のしすぎ、洗浄力の強いシャンプーを使っている、加齢によるもの、などが考えられます。

また、洗髪のときに爪を立てたり、必要以上にゴシゴシと擦り洗いをしていませんか。マッサージは大切ですが、だからといって強く擦りすぎては傷をつけることになってしまいます。

脂性タイプの場合でも、トラブルが増えるという点では同じですので、注意しましょう。毛穴が詰まることによって、抜け毛や薄毛になる場合もあります。

皮脂が溜まる理由として、最も多く言われるのが食生活の乱れです。食事時間が不規則だったり、栄養バランスの片寄った食事をしていると、このタイプの症状が起こる可能性が高くなります。

この他には、洗髪をする回数が少なく、汚れが溜まりやすくなっているということも考えられます。シャンプーの刺激を避けることも大切ですが、その場合には適切な温度のお湯で洗うようにしてください。毎日しっかり清潔にすることが症状の発生を防ぐもっとも大事なことです。