フケの原因と対策.net » 発症確率の変化

発症確率の変化

五十肩は、50代の方が最も発症する確率が高い病気です。次いで40代、また60代、というふうに50代に近いところから確率がだんだんと減っていくようですが、20代で五十肩を発症するケースも少ないとは云えません。

この20代の例を見ますと、特に姿勢が悪く、上体の筋肉を使わないで常にゲームに集中していたりする場合が顕著なようです。

また、同じ五十代の方でも、筋肉を衰えていたり、肥満傾向が強かったりする方は特に発症する確率が高く、ほどよく筋肉を鍛え、またほぐすことをしているという方が発症する例はほとんど無いといっていいようです。

日本人全体を考えますと、100人に約3人ほどの割合で五十肩を発症しているようです。つまり誰もが起こりえる大変身近な病気といわざるを得ないようです。また五十肩の症状についてはほとんど徐々に痛みを重くしていき、突然ぎっくり腰のように肩に激痛が走るというケースは稀のようです。

この身近な病気である五十肩の治療法は、やはり筋肉を鍛え、また同時によくほぐして硬くなってしまうのを避けることです。

五十肩といっても20代にも起こるのか、と驚かれる方も多いですが、体がすでに50代に達しているという場合も今では多くなっています。それだけ若い頃、10代の頃から体を使わずに、怠惰な生活をされていたら、やはり罹ってしまってもしょうがない病気が、五十肩と云えます。

五十肩の発症確率は、このままだと現代人にとっての脅威とも言えるような数値まで伸びてくることも充分に考えられます。

特に体を酷使する仕事をされていて、その後はよくケアをしないでお酒を飲んで鬱憤を晴らしている、というような方は要注意と云えます。

予防法として優れている方法もかなりのタイプが紹介されているようです。それらの中から自分にあったもの、生活習慣にマッチしているものを選ぶのは最初は大変かもしれませんが、見つかれば後は実践するのみです。現代病には人それぞれが強い気持ちで立ち向かわなければなりません。