フケの原因と対策.net » 頚椎ヘルニアとブロック注射の効果

頚椎ヘルニアとブロック注射の効果

本来ブロック注射は頚椎ヘルニアや他の椎間板ヘルニアのみではなく、重度の肩こりや腰痛、首の痛み、更には坐骨神経痛などにも効果があるとされてきました。

ブロック注射に使用されている薬剤は局部麻酔と同じような物のため体への負担も少なく、極めて害が少ないとされています。

この治療法の分かりやすい効果と言えば、痛みの緩和ですが、それもそもそも何故痛みが緩和されるのかというと、ただ単に麻痺させているからというわけではありません。

知覚神経や運動神経、交感神経を一度ブロックすることで疼痛の緩和や筋肉の緊張の解し、血行促進などをもたらすため自然と痛みが緩和されていくのです。

頚椎ヘルニアの場合には、患部である首だけではなくさまざまな部位に症状が発生することが多いので、ブロック注射を打つことにより神経系を根元から正すことで末端までの機能を自然と正常化していくのです。

一度この施術をしてから、頚椎ヘルニアの症状を感じることがなくなり、日常生活に戻れたという患者もごく稀にいますが、その方々は恐らく一度受けたことにより体内の機能が正常に働くようになり、それが薬の効果が消えてからも自然と続いているからでしょう。

このように受ける前と後では体内の状態が変わることもあるのです。受けることで痛みの緩和に繋がりそのまま痛みを感じなくなることもありますが、ここで注意してほしいのは決してブロック注射で頚椎ヘルニアが完治したということではありません。

ブロック注射は痛み止めや体内を正常にしてくれるという効果がありますが、あくまでも一時的なものに過ぎないので、ブロック注射を受けるだけで頚椎ヘルニアが完治するということは、まずあり得ません。

ブロック注射の効果が表れやすいとされるのは軽度の段階の頚椎ヘルニアで、重度のものになると効果が見られないこともあります。