[PR]

フケの原因と対策について

いつのまにか黒い服に白い点々が落ちている。そんな症状にお困りの方は案外多いです。フケの原因と対策をしっかりとして、この困った症状を改善しましょう。

ちょっと頭を掻いただけですぐに白いものがぱらぱらと落ちてきてしまう、頭を掻いた爪にすぐに白いものが溜まる、という症状が多い人は特に、フケの原因と対策をしっかり考えて実践すると良いです。

このような症状は、ストレスやホルモンバランスの乱れなどにより頭皮にトラブルが起きている可能性が考えられます。フケの原因と対策を考えれば治すことができるのです。

毎日きちんと清潔にしているのに白いものが落ちてくることが多いという人は、他の要因で発生している可能性を考え、フケの原因と対策をしっかりと考えましょう。

フケの原因と対策を考えるにあたって、まずはどのような種類があるかを把握しましょう。この種類はふたつです。ひとつは乾燥型、もうひとつは脂漏型になります。

乾燥型ではその名の通り、頭皮が乾燥して角質がはがれやすくなっているせいです。この場合のフケの原因と対策には、シャンプーを刺激の少ないものに変えたり、洗う際に頭皮をマッサージするようにしながら行うといった方法が考えられます。

また、フケの原因と対策をするにあたって、シャンプーをする前にお湯でまずい洗うというのも有効です。実は、お湯で洗うだけで汚れは七割程度落ちると言われています。

冬場など、汗をかかず汚れが溜まりにくい時期であれば、シャンプーの刺激の方を警戒して、お湯洗いを主に行い、シャンプーを使うのは2~3日に1度程度にするというのもフケの原因と対策には良い方法です。

また、髪が長い人の場合にはすすぎをしっかりと丁寧に行うこともフケの原因と対策には重要です。ここでシャンプーやリンスが残っていると、それも頭皮を痛める要因になってしまいます。

次に、脂漏型の場合です。こちらは乾燥型に比べると湿り気があるのが特徴です。特に男性に多い症状で、放っておくとかゆみが発生するだけでなく、毛穴に詰まったりして抜け毛や薄毛が起こったりもします。

このタイプのフケの原因と対策には、栄養をしっかり取ることと、清潔にすることが考えられます。脂漏型の主な要因は、洗い方が大雑把で汚れがきちんと落とせていない、睡眠不足や食事の片寄り、ストレスなどです。

また、脂漏型の場合には皮膚炎になっている可能性も考えられます。これは皮脂の分泌が多い場所で起こることの多い皮膚炎で、この場合には落ちているのは実は皮膚です。

この皮膚炎にかかってしまうと、皮膚が炎症を起こして赤くなり、かゆみも起こります。皮膚が炎症で荒れた結果、白くなった皮膚が剥がれ落ちてくるのです。

しかしこれはフケの原因と対策を考えるだけでは治りません。というのも、この炎症が起こるのはカビのせいであるという点があるからです。そのため、きちんと治療をしないとカビが消えず、慢性化してしまったり、治ったと思ってもまた再発してしまうのです。

素人には見分けがつきにくいので、フケの原因と対策をしっかり行っていてもなかなか改善しないという場合には、この病気を疑って病院で診察を受けるようにするといいでしょう。

また、どのタイプのフケの原因と対策を取る場合でもいえるのは、生活習慣の乱れと食生活の乱れに心当たりがある人は、まずはこれを改善することです。睡眠不足や食事時間が不規則ですと、身体的なストレスも大きくなり、体調不良に繋がります。

食生活の乱れも同じです。特にフケの原因と対策には、ビタミンBを摂取することも大切です。もちろんフケの原因と対策にはこれだけでなく、しっかりと栄養バランスのとれた食事を取ることが必要になります。

外的要因でフケの原因と対策として考えられるのは、使用しているシャンプーです。どちらのタイプだったとしても、シャンプーが身体に合っていないと頭皮を痛めやすくなります。シャンプーを変えただけで劇的に改善したという実例もあるので、こちらもためしてみるといいです。

とはいえ、いくら自分に合ったシャンプーを使っていても、洗い方が間違っていてはフケの原因と対策には意味がありません。清潔にすればいいと聞いて1日に何度も洗髪をするのも、かえって頭皮を痛めます。正しい方法で洗髪を行うようにしましょう。

お勧めサイト

五十肩でお悩みの方はこちらをご覧ください。

リノベーション費用の比較検討ができるサイトをご紹介しています。

こちらのサイトでは犬の正しいしつけ方法を詳しく解説しています。

ミニチュアダックスフンドのしつけ方や飼い方の秘密を公開しています。

高血圧の治療方法を詳しくご紹介しているサイトです。

新着情報

 2016年12月16日:頭痛の改善策
 2016年06月21日:中川式ストレッチングベンチ
 2016年06月21日:グレードと症状の進行度合い